英語の和訳を行ううえで

英語の和訳は頭で考えていても始まりませんから、直訳しないように意訳することを考えて自然に英語を表現する力を身につけるような勉強法をすることが大切なポイントです。英語の和訳をする際には、長い文章の場合には、主語述語、修飾語の関係、部分をしっかりと理解してどこからどこまでが、主語なのか述語なのかしっかり理解したうえで訳すと自然な意訳をすることが出来ます。ではどのように英語の和訳を進めていけばいいのかというと、和訳の方法としては、直訳みたいに文法に忠実に訳してあるけど、意訳をしているかのように自然な日本語になるように訳すのが一番英語の和訳で綺麗な訳し方とされていますからそのためには、やはり英語の文法も理解しつつ意訳できるくらいのニュアンスを読み取る力も必要ということになるのです。英語の和訳を勉強する方法としてどのような方法が効果的なのでしょうか。

大学の入試試験でも今は英語の和訳の問題は出題されています。英語の和訳をする際に日本語にした時にいかに自然に訳せているかどうかが重要なポイントになりますが、何を勉強すればいいのか、それは直訳を避けることです。英語の和訳が無料でできるサイトがありますが、英語の和訳を勉強しているという人も多いのではないでしょうか。なかなか英語の和訳は難しいのですが、普段から英語を和訳するという習慣をつけておくと、試験などで和訳するという問題が出た場合でもスムーズに和訳をすることが出来るのではないでしょうか。

英語の和訳の勉強法としては構文、修飾関係を十分に理解することや基本の文法を理解すること、文脈をしっかりと読みこむ力などが必要です。たとえば英語の文章通りに訳しているのでは、意味が変になることがあると思いますから、自然な日本語に訳せるかどうかが英語の和訳には必要になってきます。1文の英語を和訳するというタイプの方法なのですが、英語の和訳をするためにはそれなりの勉強法が必要なのです。

英語の和訳を勉強している人にとって教科書や辞書というのは欠かせないものの一つですが、英語の和訳には、crownの辞書がいいといわれています。そして英語を自然に表現する力がつけばとても自然に英語を和訳することが可能です。英語の和訳をする場合に直訳してしまうと日本語にするととても意味のわからない言葉になりがちですから、直訳にならないように英語の意味をとらえず上手に和訳するということが大切なポイントです。

福永亜由美 韓国語