英語の数字の学び方

英語の数字といっても色々とありますが、英語の数字を一覧にしているものがあればそれを見れば英語の数字が一目でわかります。英語の数字といえば、幼児英会話教室などでもしばしば勉強することが多いですね。簡単な10までの数字位は読めるというよりも英語の数字で1000以上になってしまった場合には少し難しいのではないでしょうか。

英語の数字を幼児の場合は綺麗な発音が出来て読みができればそれで十分なレベルではないでしょうか。英語の数字の読み方、書き方をマスターしておくことは英語をこれから勉強する人にとってはとても大切なことです。逆に英語の数字は読めるけど書き方がわからないという人もいるかもしれませんね。

英語数字をカードを見ながら読めるようにするという訓練などが行われていることがよくあります。しかし実際に英語の数字を読んでみようとすると読み方がわからないという人もいるのではないでしょうか。高校やそれ以上の英語の数字の勉強となると綴りを完璧にマスターしておくことも大切ですし、英語で数字の割合についての計算、分数なども出てくる可能性もあります。

留学をして現地の学校に通うという人の場合には、特に英語の数字についてはしっかりと勉強しておかなくてはついていけない可能性がありますから、文法などのほかにも英語の数字の勉強を行いましょう。英語の読み方書き方、カウントの仕方をマスターすることに加えてスペルの間違いがないことも確認しなければいけませんね。

網野智世子 TOEIC