髪のダメージに応じたカラーリングの選び方。

 

染毛剤には3つのタイプがあります。いわゆるヘアカラーといわれる永久染毛剤、そしてヘアマニキュアといわれる半永久染毛剤、そしてヘアマスカラとかカラースプレーなどの一時的着色剤です。ヘアカラーは髪の色をいったん抜いてから染めたい色を入れるためにきれいに染まり、持ちが良いというメリットがありますが、髪へのダメージが大きいというデメリットがあります。ヘアマニキュアは色素を髪のキューティクルと毛皮質のやや内側までしか入れないため、色持ちはよくありませんが髪へのダメージは格段に少なくなります。そして一時着色剤ですがこれはその時だけのもので、シャンプーですぐに落ちてしまいますから髪にダメージを与えることはほとんどありません。そこで染毛剤の選び方ですが、髪のダメージが大きい場合は、ヘアマニキュアを選ぶのが良いようです。また、ヘアカラーはアレルギー反応を起こすこともありますが、ヘアマニキュアはその心配が少なくて済みます。最近は質の高いヘアカラーも出ていますから一概には言えませんが、覚えておくと何かと便利な知識ではないでしょうか。

エム字ハゲ 育毛シャンプー