そろそろ、亡くなった時の事を考えなくては

どうゆう事でいつ亡くなっても不思議ではない年代にそろそろなってきました。

急に自分が死んだ時、家族が困らない様に、いろんな事を書き留めた物を残しておかなくてはと思うのです。
先日、お世話になっている保険会社の女性が「エンディングノート」を下さいました。

うわさには聞いていましたが、本物を見るのは初めてでしたので、びっくり。
葬儀のやり方・墓・資産等はわかっていたのですが、PCのデータの処分方法やインターネットの
プロバイダの停止等パソコンについての事まで書いてありました。

家の中にある、使わない物も少しづつ処分してスリムに暮らさなくてはと思っているのですが、
思い出の物などはなかなか捨てる事が出来ません。

屋根裏や押し入れには何年も使わない物であふれています。

でも、あれもしたい、これもしたいと思っても、結局毎日の事に追われ何も出来ないで終わりそうな気もしますが、
「エンディングノート」だけは、なんとか書いて行きたいと思っているのですが、どうなります事やら。

斜め読みのコラム