敏感になっているときの化粧品

肌が敏感なときは普段なんでもない化粧品でも、ピリピリしたり赤みがでることがあります。そうなると肌がダメージを受けて炎症を起こし、ニキビ・ガサガサ肌などになるので化粧品の使用はやめましょう。でも、何もしないのも心配になると思います。肌に優しく保湿できるのがスクワランです。敏感になっているときは乾燥してバリア機能が低下しています。バリア機能を回復させるには、保湿をしてターンオーバーを正常にする必要があるのです。スクワランはサメの肝臓から得られるスクワレンを安定化させた成分で、防腐剤・鉱物油・香料・着色料を一切使用していません。肌に悪い成分を使っていない天然成分だから、敏感になっているときでも使えます。洗顔後、まだ肌に潤いが残っているときに、手に1,2滴スクワランを取って顔全体になじませましょう。保湿力が高いので、ほんの数滴でも潤いを維持できます。
肌に刺激のない化粧品で肌機能を回復させてあげれば、潤ってトラブルのない肌になります。
ミュゼ 予約 福岡西新プラリバ店