マージャン牌の種類

マージャーンのルールは非常に複雑なようで、国や地域によっても 使用する道具や採用するルールに違いがあるみたいですね。日本においては、34種類136枚の牌を使うのが一般的で、麻雀卓と呼ばれる専用のテーブルでゲームが行なわれるようです。

牌の種類については、大きく分けると 数字が書かれた「数牌」と漢字が書かれた「字牌」の2種類があります。数牌はさらに3種類、萬子(マンズ),筒子(ピンズ),索子(ソーズ)があります。

萬子は、一,二,三…と 漢字の数字が表記されています。筒子は、○の数で1~9を表現しています。索子は、竹の絵が描かれており、竹の数で数字を表しています。どれもお金に関する図柄となっているのですが、同じ図柄が4枚ずつ用意されています。

字牌については、方角が書かれた「風牌(かぜはい)」と「三元牌(さんげんはい/さんげんぱい)」があります。風牌は、「東(トン)」「南(ナン)」「西(シャー)「北(ペイ)」。三元牌は、「白(ハク)」「發(ハツ)」「中(チュン)」があります。

DORA麻雀